増資と資本形成の違いとは何でしょう

資本形成について知ろう

資本形成とは

資本形成とは投資とほぼ同じと考えても良いかと思います。
先にふれた増資では、株などを”売って”資金にする事をさしますが、資本形成では投資家に投資・融資をしてもらうという事になりますので、投資家はそれをすることで引き換えに株を得る事はありません。
ではなぜ資本形成をしてくれるのでしょうか。
例えばそのビジネスに可能性を感じている場合や、経営方法等に関わりたい場合、投資(資本形成)をする事で、株主よりももっと入り込んだマネージメントや利益に関わる事ができるようになります。
なので投資家は投資をして、今はあまり利益がない会社であっても、将来、利益が増えた場合に得をしたり、単純に何かしらの力添えができたことに達成感を見出す人など、様々です。

資本形成(投資)をしてもらった会社

先に述べたように、投資をした投資家たちは発言権等を強めます。
よって、元々その会社を立ち上げた役員達はこれまで通り自分たちの方針に沿った経営方法を続けられなくことも大いにあります。
投資と一概にいっても、資金だけではなく、人材であったり機材であったりと様々です。
例えば投資家の会社で働く優秀な社員を、投資先の会社へ”投資”した場合、その社員の経験や知識に助けられながら経営の仕方を少しづつ変えていったりすることもあります。
ですので、もし強い信念があり、どうしてもこれまでの方法でこれまで通り続けていきたいのであれば、資本形成より増資を考えてみた方が良いケースもあるのではないでしょうか。
しかし、増資でも株主の意見は株主総会などで聞き入れなければいけませんので、株式会社はそれら全体を考慮して事前にシュミレーションしてから決断すると良いかと思われます。