増資と資本形成の違いとは何でしょう

増資について知ろう

増資とは

増資とは、資本金を増やす事をさします。
増資は、有償増資と無償増資と呼ばれる2種類がありますが、大抵の場合は有償増資の事をさすことが多いようです。
株式会社は、株を投資家に発行し、投資家はその株にお金を払って買いますよね。
有償増資では、投資家たちへ、新しい株を発行することにより資金を増やすことをさします。
銀行からお金を借りると、利子を付けて返さなければなりませんが、投資家へ新株を売るだけですと、利子や返済などが不要といったメリットがあります。
しかし、株数が増える事で株価が下がってしまうというデメリットもあり、良く思わない株主もいるでしょう。
一方で無償増資は株主にも優しい増資であると言えるでしょう。
無償増資は細かく分類すると様々な方法がありますが、その1つが新株を発行するのではなく、これまで貯金してきた利益(利益剰余金)を資金に回すという方法です。
「増資」と一言でいってもなかなか奥が深いですね。

増資のメリット、デメリット

これから新規のプロジェクトや取引を行いたいといった計画がある場合、資本金が大きければ、取引先などからの信用材料の一つとなることでしょう。
やはり、あまり資本金が無い会社は、もしもの事を考えた場合、リスクが大きいようにみえるかもしれません。
増資をすると、会社の資本金が増えるわけですから、その増資額によっては中小企業に嬉しい優遇税制を受けられなくなってしまう事があります。
中小企業のような小さな会社は、その経営を助けるために、国や地方から様々な救済を受けることができます。
例えば、機材を買った場合には税額の控除があったり、法人税が安かったりします。
せっかく増資をしても税金が増えて結局支出が増えてしまっては意味がありませんから、しっかり計算をしておいた方がよさそうですね。