増資と資本形成の違いとは何でしょう

広く見て、どちらも会社の資金を増やす事をさす増資と資本形成。

資本金とは

資本金とは、その企業を立ち上げる時に用意された金額(元手金)の事をさします。
では、いくらで会社を設立できるかご存知でしょうか。
今現在では1円から設立が可能です。
そして、会社の規模や売り上げはこの資本金の額の大きさとは一切関係がないと言えます。
もちろん、規模が大掛かりな事をする事業であれば、莫大な資本金が必要となります。
その資本金を基に、機材を買ったりするからです。
しかし、それだけ初期費用をかけたからといって、絶対的な利益は保証されるわけではありませんよね。
マネージメントやマーケティング、経済の流れなど、様々な要因に左右されるわけです。
逆に、資本金が1円で始められる会社としては完全オンラインのサービス等があります。
資本金が少ないけれど、商品が売れずともそこまでの損益もない場合もあります。

企業の基本的なありかたについて

会社・企業を立ち上げるといっても、色々な種類があり、複雑です。
ここでは簡単に企業について触れたいと思います。
まず会社と呼ばれるものには大まかに有限会社と株式会社があります。
有限会社は、一般的に商店街の小さな個人経営のお店を想像して頂いたら良いかと思います。
その経営方法などについては店主が好きなようにすることができます。
資本金は300万円が最低でも必要とされます。
株を売る事はできません。
売りたいのであれば株式会社になる必要があります。
株式会社とは、株を販売し、購入した人は株主となります。
株主達は株主総会などでそれぞれの意見を出し合ったりしますし、会社は決算書を株主達に提示しなければいけません。
先にも述べたように、株式会社は1円から設立可能です。